借金の金利について

借金をするときに、考えなければならないことは、その金利がどの程度なのか、ということです。特に長期になって借りる場合には、その返済額がどの程度になるのか、ということはとても重要なことです。この点をあいまいにしておくと、返済で大きな負担となってしまうことは間違いありません。ご自身がどのように借金の返済をしていくのか、というときに金利は、総額に対して、さらに支払う金額が決まってしまうことになりますので、その点を十分に注意してください。

借金、という問題をどのように考えるか、何をするべきなのか、ということを真剣に考えれば、返済のための方法、ということも具体的に決めていくことができるようになります。ぜひ、ご自身に合った返済のプラン、ということを考えるときに金利の契約、特に注意するべき延滞遅延金の金利部分の契約には十分に注意してください。

金利は、消費者金融から借りる場合と、銀行のマイカーローン、住宅ローンでは大きく違います。金利制限法があるため、100万円以上になると原則として年利で18、00パーセントしか金利をつけられない、などの決まりがあります。もし悪徳な貸金業者に借金をしてしまった場合、返済を何度しても元金が減らなかったり厳しい取り立てに苦しむことになる可能性があります。自分自身で手に負えないと判断した時は弁護士に債務整理を依頼することが賢明ですが、借金をする前に高利貸しには充分に気を付けるようにしましょう。

参考〔債務整理・借金返済の相談ならアディーレ