個人間の借金について

個人間の借金ほど、あいまいになりやすいものはないでしょう。これは金融機関からの借り入れであれば、契約が厳密であることや、最終的には法的な差し押さえまで発生する、というリスクがあるため、返済しようとするものの、個人間であればそのような法的な手続きが難しくなってしまうため、放置されてしまいやすい、というところがあります。

その点を考えると、個人間の借金に関しては、連帯保証人、契約書、返済の方法、個人間の信頼がどの程度あるのか、ということを厳密に考えなければ、結果として双方ともに不幸になってしまうリスクがある、といえます。

個人間の借金は相互にどのように考えているのか、ということをよく知らなければ、返済の段階になってからもめてしまうようなことがよくあります。これは大変危険なことでもありますので、借金問題で双方がもめないためにも、契約前に告知義務をしっかりと受ける、果たす、そして返済でトラブルが発生したときにはどのようにするのか、ということを考えて対処をされる、ということが大切になってきます。その点をしっかりとしなければ、借金問題では大きなトラブルを抱えたままになってしまうリスクがありますので、注意をされることがポイントです。