個人間の借金について

個人間の借金ほど、あいまいになりやすいものはないでしょう。これは金融機関からの借り入れであれば、契約が厳密であることや、最終的には法的な差し押さえまで発生する、というリスクがあるため、返済しようとするものの、個人間であればそのような法的な手続きが難しくなってしまうため、放置されてしまいやすい、というところがあります。

その点を考えると、個人間の借金に関しては、連帯保証人、契約書、返済の方法、個人間の信頼がどの程度あるのか、ということを厳密に考えなければ、結果として双方ともに不幸になってしまうリスクがある、といえます。

個人間の借金は相互にどのように考えているのか、ということをよく知らなければ、返済の段階になってからもめてしまうようなことがよくあります。これは大変危険なことでもありますので、借金問題で双方がもめないためにも、契約前に告知義務をしっかりと受ける、果たす、そして返済でトラブルが発生したときにはどのようにするのか、ということを考えて対処をされる、ということが大切になってきます。その点をしっかりとしなければ、借金問題では大きなトラブルを抱えたままになってしまうリスクがありますので、注意をされることがポイントです。

借金の金利について

借金をするときに、考えなければならないことは、その金利がどの程度なのか、ということです。特に長期になって借りる場合には、その返済額がどの程度になるのか、ということはとても重要なことです。この点をあいまいにしておくと、返済で大きな負担となってしまうことは間違いありません。ご自身がどのように借金の返済をしていくのか、というときに金利は、総額に対して、さらに支払う金額が決まってしまうことになりますので、その点を十分に注意してください。

借金、という問題をどのように考えるか、何をするべきなのか、ということを真剣に考えれば、返済のための方法、ということも具体的に決めていくことができるようになります。ぜひ、ご自身に合った返済のプラン、ということを考えるときに金利の契約、特に注意するべき延滞遅延金の金利部分の契約には十分に注意してください。

金利は、消費者金融から借りる場合と、銀行のマイカーローン、住宅ローンでは大きく違います。金利制限法があるため、100万円以上になると原則として年利で18、00パーセントしか金利をつけられない、などの決まりがあります。もし悪徳な貸金業者に借金をしてしまった場合、返済を何度しても元金が減らなかったり厳しい取り立てに苦しむことになる可能性があります。自分自身で手に負えないと判断した時は弁護士に債務整理を依頼することが賢明ですが、借金をする前に高利貸しには充分に気を付けるようにしましょう。

参考〔債務整理・借金返済の相談ならアディーレ

借金をする前に考えよう

借金をする方は多いですが、本当に必要であるか、債務を返済できるのか、ということを考えなければ、結果的に自分が負債を背負うことになります。これはとても大きなリスクですので、絶対に望ましくないものです。当サイトでは、借金問題をどのように解決をするのが良いのか、ということを具体的にまとめていますので、ぜひ参考にされることをおすすめいたします。借金問題はそのままにしておくと、大きなリスクになってしまいますので、放置することなく、早期に解決をできる方針を立てる、ということをおすすめいたします。

問題を放置することなく、借金問題を円滑に解決する、という方針をとっておけば、解決のための糸口もはっきりと見つけていくことができます。借金問題はつい、そのままにしておきがちなことだけに、早期にご自身で解決するための方向性、ということを決めておくことが望ましいといえます。ご自身にとって、車のローン、家のローン、友人関係などの簡単な借金、などあらゆる債務に関して、返済可能なのか、どのような契約、金利になっているのか、ということを考えなければなりません。

ご自身の人生にとって、どのような返済プランが望ましいのか、ということも含めてぜひ具体的に検討をされるようにすることをおすすめいたします。ご自身で、借金、という問題について真剣に考えていないと、なかなか解決のための方針、ということを見つけられないままになってしまいますので、注意してください。